fc2ブログ

プロフィール

ひまわり

Author:ひまわり
FC2ブログへようこそ!

♀です。1984年10月生まれ、岐阜県出身で東京都在住。 言葉は日本語しかしゃべれません。(バリバリ岐阜弁。三千円のイントネーションがおかしいと言われる。) 2012年4月急性骨髄性白血病M2発症。 座右の銘は継続は力なり!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してますー。 ぽちっとよろしくお願いしますm(_ _)m

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2013/03/01 (Fri) 23:09
帰宅

バッタバタと帰宅ー。
病院を出るまで、会う人、会う人、話をするとぐすぐす…
名残り惜しすぎた。

帰りたいけど、帰りたくない。
なんだかそんな不思議な感覚でした。

最後先生や看護師さんとも写真撮って思い出作り 笑



中先生と小先生と。
両手に…花?んー、こういう場合は何と言うべきか…
大先生は今日、外来の診察が朝からあったから会えなかった。。

先生からは、ここで10ヶ月も治療に耐えてきたんだから、自身持っていってきてね。向こうで辛くなったらこっちでのことを思い出して。元気になったら遊びにきてね。って言葉をいただき、握手。

看護師さんからは、
ひまわりさんは案外人見知りだし、我慢するから、たまには吐き出して。
大丈夫、きっとうまくいく、必ず勝ち取って!

などなど、色んな言葉をかけてもらいました。

病棟を出る時、たくさんの看護師さんたちに見送られ、嬉しいやら恥ずかしいやら、寂しいやら…
あそこで最後なんでみんなと写真撮らなかったんだろう…と、エレベーター乗ってから気づいたorz

多分また泣いちゃうと思ったんだよな(^_^;)
昨夜、寂しさがドォーーーッと押し寄せてきて、我慢しきれず夜な夜なナースステーションでえぐえぐ泣いて…
これ以上泣いてはならん!!と、思ってたからー。
気合いれて帰りました。

と言いつつも、電車で1人になるとまたうるうる…
あぁーーーー、もぅ、どんだけ泣くんや私。

とりあえず、帰省してる間はゆるゆるしよーぅ。
充電するぞーーーーーーーー!!!!!
スポンサーサイト



2013/03/01 (Fri) 00:01
最後の夜

なんだかやっぱり眠れないな。

前回の治療の時は最後の夜といっても、また外来でくる時に病棟に顔出せるなーって思ってたし。
再発ってなって、また入院して、治療して。
一時退院して、またここに戻ってくると思ってた。
でも、もう違うんだな。

緊急入院がきまった去年の4月から本当に長い時間をここで過ごした。
辛いこともたくさん、たくさんあったけど、それ以上に新しい気づきがあったし、新しい出会いもあった。

この病院は、私にとっての家だから、主治医の先生、薬剤師の先生、看護師さん、助手さん、栄養士さん、お掃除のひと、ご飯作ってくれるひと、タオル、シーツの搬送してるひと、事務のひと…

誰かが欠けても私はここで生きてこられなかったんだよな。
あまりに事が早く決まりすぎて、正直まだ気持ちの整理がついてなくて。

明日退院しちゃうんだねと、急な退院を知った看護師さんたちが病室に顔を出してくれたこともあって、なんたが今になってじわじわ転院するってことが現実のものなんだなって感じてきた。

夕回診にこられなかった中先生も、消灯間際だったけど来てくれて、話をしました。
そこで聞いた話、ほんとに奇跡としか思えないような出来事があったと知らされました。
不幸中の幸い、タイミングが合ったとも言える。

この病院でここまで治療を受けられて良かった。
この病院を紹介してくれた、会社の先輩にも感謝。

最後まで治療が受けられないのは本当に寂しい。
ここでお世話になった人をわたしはずーっと、ずーっと忘れない。

直接ありがとうが伝えられない人もいるけど、目一杯のありがとうを言って明日は退院しよう。
そして今度は必ず元気な姿で戻ってこよう。

目標一個追加。
笑顔で再会。

| ホーム |

 ホーム